原子力発電の放射能デメリット

原子力発電が日本で多く建設された理由は大きく2つありました。
1つは元々資源に乏しい日本が、火力発電の様に化石燃料を使用するには原料の石炭や石油を安定して輸入する必要があったこと。
もう一つが政府や電力会社が「原子力は安全でクリーン」と言う神話を作り上げ、それに関わる企業、原子力関連設計者、そして地元雇用など皆が原子力に従事することが安泰だとの風潮を作り上げてしまったことが要因です。
Continue reading →