«

»

5月 29

梱包・物流会社の仕事とは?

物流会社の仕事は、商品や部品を輸送することです。
しかし物流会社は物を運ぶだけでなく、荷物を保管したり、加工をしたり、包装をしたりなど、あまざまな業務を遂行しています。
商品が精密機器であったり割れ物であった場合、梱包材や包装材で保護する必要があります。
このように物流会社では、在庫管理と梱包作業もおこなっていくことになります。
具体的には、ピッキング担当者が注文に従って倉庫から運んできた荷物を、包装材などで包んで発送できる状態にしていきます。
この時、商品の種類や数量が間違っていないか確認する必要があります。

底面を粘着テープでとめたダンボールに品物を詰め、隙間には緩衝材を詰めて固定していきます。
その後納品書をダンボールに入れて、蓋を粘着テープで固定し、製品のラベルを貼っていきます。

ダンボールはいくつかの大きさが用意してあり、梱包する品物ごとに、担当者がどのように使うかを決めていくことになります。

梱包材は、荷物に応じた物を使用しますが、近年では環境への影響を考慮して、梱包材にリサイクル可能な材料を利用したり、「通い箱」と呼ばれる繰り返し使える入れ物を用意したりするなど、なるべく輸送廃材が出ないような対応がなされています。