警察が動いてくれない?そんな時は探偵に家出人捜索依頼を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
警察が動いてくれない?

失踪の理由に事件性が無く、ただの家出人であると判断された場合、民事不介入である警察は早急な対応や捜索をしてくれない場合があります。

当事者家族としてはもどかしさを感じざるを得ませんが、そんな時どうしたらいいのでしょうか。

警察が家出人の捜索に腰を上げにくい背景と、そうした案件こそ小回りのきく探偵に依頼するべき理由を探っていきましょう。

大切な家族が失踪してしまうと、残された人々はその人の安否を心配してどこにいるのか・何をしているのか、元気なのか等、その安否を知りたい為に様々な手を尽くします。

警察が動いてくれないのなら家出人捜索依頼は探偵へ!

警察は事件性のある場合にしか家出人の捜索を行わないのが原則

事件性がない場合

事件性がない場合

自分の大切な家族が突如失踪してしまった時には、その安否を気遣って眠れない日を過ごす人は少なくありません。

素人に失踪人を探す事は決して簡単なことではなく、多くの人は警察に家出人捜索依頼を願い出ます。

一刻も早く調査して欲しいと願っても、警察がなかなか動いてくれないと不満に感じる人もたくさんいます。

なぜならば警察は民事不介入ルールの原則があり、事件性のある場合にしか捜査を行わないのが原則だからです。

捜索願が届けられた際に当人の意志を持って失踪したと判断される一般家出人と、当人には家出の意志がなくて何かしらの事件や事故などに巻き込まれて失踪したり、身の危険が迫っていると判断された場合には特異行方不明者に分類されます。

多くの失踪人は一般家出人と判断される為に警察が動いてくれないと感じるのです。

特異行方不明者と判断された場合は、速やかに捜査が行われるのです。

家出人から捜索願の不受理届けが出されている場合も

特徴や評判費用についてリッツ横浜探偵社解説

特徴や評判費用についてリッツ横浜探偵社解説

大切な家族が失踪してしまうと、残された人々はその人の安否を心配してどこにいるのか・何をしているのか、元気なのか等、その安否を知りたい為に様々な手を尽くします。

警察への捜索願いや思い当たる場所や人に尋ねたり等手を尽くします。

とはいえ素人が探すには限界がある為に警察への期待が膨らむのですが、警察は家出人本人から捜索をしないでほしいと申告をされている場合もあります。

自分の意志で失踪をした場合には、家出人自身は自分の所在を家族にも探して欲しくないと考える場合も多々あります。

本人が警察に対して「捜索しないでほしい」と届け出た場合には、例え家族から捜索願が提出されていたとしても警察は捜査を開始することができないのです。

突発的な感情で失踪した家出人は、捜索の前に自ら戻ってくることも多い

大手弁護士法人グループ企業の東京探偵社ALGを徹底解説

大手弁護士法人グループ企業の東京探偵社ALGを徹底解説

ひとえに家出人と言いますが、家出をする理由は人それぞれです。

例えば親子喧嘩や夫婦喧嘩などで言い合いになり、頭に血が上って突発的に家を飛び出してしまう場合もあれば、自分の人生に悩んでいたり、借金やトラブルを苦にして今の生活から離れたいと長い時間考えて計画的に家出をする場合もあります。

感情が高ぶって突発的に家出をした場合には、時間が経過して冷静になると自分の行動に対してどのような行動を取れば良いのかを冷静に判断出来るようになります。

気持ちが落ち着けば「家に帰らないと行けない」という心理が働いてくるのです。

計画的な家出の場合はそれなりの覚悟と準備を持って失踪したケースも多いため、家に戻るまでには多少の時間がかかる場合もあります。

とはいえ、「家に帰らなければいけない」という意識は心のどこかで考えている場合がほとんどなのです。

早期解決を望むなら家出人の捜索は探偵に依頼!

大切な家族などが失踪した時に警察に捜索願を届け出たとしても、緊急性や事件性の判断がなければ迅速に捜索に当たって貰えるわけではありません。

家出人を捜す時に大切なことは失踪後少しでも速く迅速に開始する事に他なりません。

時間が経過するほどその発見は困難になってくるのです。

事件性がないと警察に判断されたとしても、失踪した家族などを迅速に探したい場合には、警察よりも探偵に依頼する方が賢明です。

例え自分の意志で家出をしたとしても、その先で何かしらのトラブルに巻き込まれたり絶望感から命を絶つ危険にまで発展する可能性もゼロではありません。

探偵に依頼すればプロとして積み上げた独自のネットワークと調査方法で行方に関する手がかりを掴んでくれます。

人探しに関する無料の相談などを24時間受け付けている事務所も有り、匿名での相談も可能なためにまず相談してみる事も一つの方法です。

家出人捜索に警察が動いてくれない理由のまとめ

警察が動いてくれない?

警察が動いてくれない?

どのような事情で家出をしたとしても、残された家族からすればその安否は非常に気になる事であり、1日でも早くその消息と安否を確認して戻ってきて欲しいと願っているものです。

そのような家族にとって警察は頼みの綱とも言えますが、警察は様々な理由で家出人捜索に動いてくれない場合があります。

家出人自らが警察に対して「捜索をしないでほしい」という不受理届けが出されている場合には、警察は家族から捜索願が出されていても動くことは出来ません。

また、事件や事故などに比べて家出人の方が発見される可能性が高いために、家出人の取扱いの優先順位は低くなってしまうのです。

さらには、民事不介入のルールに基づいて警察は事件性が高いトラブルや実際に事件が起きている場合にしか捜査をしないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る