探偵への依頼費用は?一般的な料金体系をご紹介

探偵への依頼費用

探偵に依頼するといっても、費用は気になるところ。

公的な機関というわけでもなく、よくわからないうちに法外な請求をされてしまったら…などと不安に思われる方も多いのでは。

しかし探偵といえど法のもとに活動していますから、よほどの悪徳業者でない限り、依頼費用の料金設定は各社の基準に基づいてしっかりと決められています。

依頼にかかる費用の一般的な料金体系を見ていきましょう。

探偵の業界に、費用の相場は存在しない

探偵の業界に、費用の相場は

探偵の業界に、費用の相場は

探偵に依頼をする場面など普通の人にとっては人生に一度あるかないかです。

そんななか、わかりづらくなっているのがその費用面。

もちろん安いほうが良いのですが、いちがいに安いところが優良とも言えないのが探偵という仕事の特殊さです。

依頼費用には他のサービス業のような一律でいくら、といった相場は存在せず、門外漢にとっては費用が適正かどうか判断するのは難しいところです。

これに付けこんで法外な費用を請求する悪質な業者もなかには存在するため、探偵の依頼費用についてアウトラインを知っておいて、賢く業者選びに役立てるようにしましょう。

その上で他の業種と同様に、費用の内訳について丁寧な説明をしてくれない業者は避けたほうが賢明です。

調査が長期間になるほど加算されていく“時間料金”制

特徴や評判費用についてリッツ横浜探偵社解説

特徴や評判費用についてリッツ横浜探偵社解説

探偵業者の料金体系にはさまざまなものがありますが、わかりやすいのは時間料金制でしょう。

これは稼働させている人数一人あたりに対して時給いくら、と設定し、調査の成果があがるまで活動し最終的に働いた時間数に調査でかかった実費を加えて請求額を決めるものです。

基本的に探偵業はどのくらいの期間で成果があがるかは非常に不透明であり、どんどんと調査が長引けばそれに比例して費用もかさんでいきます。

わかりやすい料金体系であるいっぽう、調査の区切りをつけにくいケースではお金をいたずらに使いすぎてしまうリスクもあると言えます。

依頼者側がきちんと自分で目標を設定できるか、経済的に余裕がある場合でないとおすすめはできません。

あらかじめ調査に期限を設けた“パック料金”制

大手弁護士法人グループ企業の東京探偵社ALGを徹底解説

大手弁護士法人グループ企業の東京探偵社ALGを徹底解説

いっぽう、「○○円までしか支払えない」といった経済的な制限のある依頼者の場合は調査の期限を定めたパック料金制のほうが期間的にも料金的にも手軽に依頼できるでしょう。

もちろん、期限いっぱいに業者が努力しても期限までに終わらない場合もありますが、反面あっさりと解決し予定した期限より早く目的が達成できるケースも少なくありません。

その場合も通常は返金などはありませんので、想定より短期間で済んだ場合は割高となってしまうデメリットはありますが、そのときは目的を達成できていると考えればそう悪いことではありません。

探偵に頼むのは初めて、経済的に余裕がない、といった場合はこういった料金システムの業者を選ぶ方が無難と言えます。

“成功報酬”制なら、達成ラインの認識は共通させておく

ある意味でもっとも依頼者に優しいのが、依頼が成功した時に報酬が発生する「成功報酬制」です。

初期費用としてある程度の着手金を支払う必要がありますが、依頼が失敗すれば追加の費用は発生しませんし期間も基本的には無制限です。

とはいえ、この成功報酬制では「何をもって成功とするか」ということについて依頼者と探偵業者側、両者の認識を一致させておく必要があります。

そうしないと、「成功していないのに調査を打ち切った」「成功したのに報酬を支払ってくれない」といった金銭トラブルに発展してしまうため注意が必要です。

依頼によっては業者側から断られるケースもあるため、信頼できる業者を見つけて相談してみるのが良いでしょう。

探偵への依頼費用に関するまとめ

探偵への依頼費用

探偵への依頼費用

近年では探偵への依頼はそのほとんどが男女関係の素行調査など、「依頼人にとって外部には知られたくない」案件となっています。

もちろん、探偵社には守秘義務が存在しており依頼人に関する情報は漏らさないことになってはいますが、やはり一度相談してしまうと「弱みを知られている」といった心理が働いてしまう依頼者も多いものです。

それにつけこんで調査費用の水増し請求や根拠のない追加料金などを出してくる業者には注意が必要です。

成果報酬制、期間制、時間料金制、どれも一長一短な性質を持っているため依頼者の事情に合わせた料金プランを提示してくれたり、料金の内訳や理由などをきちんと説明してくれる誠実な探偵業者を選びましょう。