浮気調査へ踏み切るにあたっての心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
浮気調査心構え

恋人や配偶者の浮気調査を依頼しようと思い立ったはいいものの、勇み足にならず、まずは冷静に自分がどういう決着をつけたいのかを再確認しておきましょう。

相手の心が完全に離れ、あなたの疑惑の目に気付いて証拠隠滅をされてしまっては戦う前に敗北したも同然です。

浮気調査は迅速かつ、慎重に開始しなければなりません。

浮気調査はできるだけ早めに!離婚を切り出されてからでは遅い

浮気調査相談

浮気調査相談

結婚相手やパートナーの行動が怪しいと感じたら、それは浮気の兆候に無意識に気づいている可能性があるので、そのタイミングで浮気調査をすることが必要です。

浮気のまま終わればよいですが、浮気が本気になってしまったら、相手から離婚を切り出されることも考えられます。

そうなってしまったら、不貞を証明できないまま、離婚をしなければならない状態になるので、慰謝料を十分に請求できないこともあります。

相手の不貞を証明できないまま泣き寝入りをしなければならず、さらに満足の慰謝料ももらえずに離婚ということになったら、損ばかりすることになります。

浮気をしたら相応の代価を払ってもらわなければなりませんし、離婚という選択肢をするとしても、その後の生活のために十分な慰謝料は欠かせません。

そのためには浮気調査をして、相手の不貞行為をしっかり証明し、自分に有利になるように離婚手続きをしましょう。

浮気調査専門リッツ横浜探偵事務所

浮気調査に強い横浜の探偵事務所です。 代表の山村は浮気調査の専門家としてメディア出演多数。 調査歴10年以上の探偵が最新機材を駆使し最短5時間で悩みを解決致します。 調査終了後はJDAP認定夫婦カウンセラーが夫婦修復や離婚に向けて最後までしっかりとサポート。 浮気調査専門リッツ横浜探偵社

浮気調査に強い横浜の探偵事務所

  • 女性カウンセラーが親切に悩みをお聞きします。
  • 浮気調査の実績多数、少ない調査回数でも結果を出せます。
  • 事前カウンセリングにて、私達の知識を総動員し確実に浮気をする日を絞り込み、
  • ムダな調査が発生しません。

浮気調査に気付かれてしまっては元も子もありません。まずは心の準備を

相手の行動が怪しいと感じたら、浮気をしているのかどうか確かめたくなります。

しかしむやみに行動をしてしまって、浮気を疑っていることがばれたら、証拠を隠されてしまいます。

探偵に浮気調査を依頼したときも、気づかれてしまうと、浮気相手と会わないように画策する恐れがあります。

そこで浮気調査を依頼した後も、普段と変わりない接し方を心掛けて、平静を保つようにします。

もちろん相手が不貞行為をしているのではないかと想像するだけで、腹が立って苛立ちをぶつけたくなることがありますが、そんな時もぐっとこらえて感情に流されず、淡々と過ごすようにします。

調査の結果、浮気をしていることがはっきりしたら、その苛立ちを全てぶつけてやるという気持ちでいつもと変わりない接し方をしましょう。

冷静になって浮気調査の目的を自問してみる

浮気をしているのではないかと不安を感じたとき、衝動的に調査を依頼することがあります。

しかしその後、少し気持ちが冷静になったら、調査を依頼した目的について、自分は一体どうしたいのかということを明確にすることが大切です。

もし浮気をしていることが確定した場合、それが離婚を前提にして慰謝料請求をスムーズに行うためなのか、もしくは相手に反省を促して再び復縁したいという気持ちがあるからなのかということを自問自答することが大事です。

自分の心を見つめ直すことによって、冷静に調査の結果を受け止めることができますし、今後の対処法を考えることができます。

浮気をされたから、離婚したからといって人生が終わるわけではないので、より素晴らしい人生をおくるために調査目的を考えることが必要です。

浮気調査の結果を経て、慰謝料請求の方法はおもに3つ

大手弁護士法人グループ企業の東京探偵社ALGを徹底解説

大手弁護士法人グループ企業の東京探偵社ALGを徹底解説

浮気調査の結果、浮気をしていることが確定し、さらに離婚をすることを決心します。

その後は、離婚後の生活について考えなければならないので、新生活を始めるために慰謝料を請求することはとても大事なことです。

慰謝料請求の方法は3つあり、1つは浮気慰謝料計算ツールを使って計算し、請求する金額を出します。

その慰謝料の金額を書面で送付する、もしくは代理人を通した交渉で相手に伝えてもらい、代理人によって手続きを住まえてもらいます。

相手が交渉に応じなければ、家庭裁判所で調停をすることになります。

調停人の前で慰謝料の金額について話し合いをします。

調停人を介しても話がまとまらなければ、裁判を起こすことになり、裁判の結果によって判決が出れば、示談という名目で慰謝料が支払われることになります。

浮気調査への心構えについてのまとめ

浮気調査心構え

浮気調査心構え

浮気調査を依頼するときには、どのような結果が出ても大丈夫だという心の準備が必要になります。

結婚よりも大変なのが離婚だと言われるように、確かに離婚をするときには、相手を憎み合って別れることが多いので精神的にも疲労します。

それでも浮気をされているのではないかという不安を抱えて生活をしているよりは、物事をはっきりさせるほうが、次に進む道を見つけやすくなります。

同じ場所に立ち止まって悩むよりも、辛い決断をしててでも一歩踏み出して、浮気調査を依頼するほうが良いといえます。

調査の結果、浮気をしているというのが勘違いであれば安心ですし、本当にしていた場合は、慰謝料を請求して離婚し、新しい生活を始めるという明るい未来があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る