宅建の資格とファイナンシャルプランナー

Pocket

不動産のプロである宅建とお金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーは、どちらも就職の際に有利に働く資格として高い人気を誇っています。
これらの資格は片方だけでも役立ちますが、両方取得するとまさに鬼に金棒と言ってもいいような状態となり、就職の幅がかなり広がります。
しかし、どちらの資格試験も難易度が高いため、両方の試験に合格するのは至難の業だといえます。

では、宅建とファイナンシャルプランナー、どちらを優先して取得すべきなのでしょうか。
ファイナンシャルプランナーの勉強で得られるお金に関する知識は、仕事の場だけでなく実生活にも活用できる内容です。
そのためか、お金への関心が高い主婦などの女性たちの受験が目立ちます。
ファイナンシャルプランナーは多くの人の関心を集める資格であるためライバルが多く、将来的には飽和状態になることが予想されます。
これに対して宅建は試験の難易度が比較的高いですが、その分ライバルが少なめなので、目を引く資格として就職時に役立つでしょう。
もちろん、両方の資格があれば一番良いのですが、勉強に割ける時間やお金には限りがあります。
どちらか一方を選ぶなら、ファイナンシャルプランナーよりも宅建の資格取得を目指した方がいいでしょう。